〈準備〉そろそろ葬儀の心構えを‥



  もしものために‥

項目上をクリックしてください。

事前の葬儀支度は決して不謹慎ではありません。事前に相談しておくことがとても大切です。

〈突然訪れるもしもの時‥〉

葬儀社など決めていなくても町には町の葬儀社さんが、病院からも紹介してくれる葬儀社がいるではないかとお思いの方、それは決して間違いではありませんが、多くの葬儀社が存在し、様々なオリジナルサービスを持っています。価格やサービス内容も葬儀社によって異なります。ひと昔前までは不謹慎といわれた事前の葬儀支度ですが、現在ではとても大切な事前準備とされています。大切な人との残された時間を充実させるためにも、事前に葬儀社を決めておくことは重要なこととなります。

〈できれば2~3社の葬儀社からお見積りを取りましょう〉

葬儀社の選定は、新聞広告や電話帳、インターネット、地元の葬儀社等からピックアップし、まずは見積りを出してもらいましょう。また、葬儀費用は葬儀社への支払いだけではなく、公営式場利用の場合には式場利用料や飲食代など様々あります。全体の費用がいくらになるのか聞くようにしましょう。

あなたのお家の宗派やお墓の場所や形態も確認しておきましょう。

〈宗教宗派の確認〉

葬儀の方法には、仏式・神式・キリスト教式や無宗教まであり、施工の仕方から飾り付けに至るまで違いがあります。事前に、宗教の種類や菩提寺の有無、ご連絡先などを確認しておくと良いでしょう。なお、今回が初めてのご葬儀でお寺などが決定していない場合には、親戚の方などに問い合わせて宗派を確認しておきましょう。宗派がわかれば、すがはら葬祭にて信頼おける寺院を紹介させて頂きます。仏教〈日蓮宗、日蓮正宗、浄土宗、時宗、真言宗、浄土真宗(西・東)、禅宗(曹洞宗、臨済宗、黄檗宗)、天台宗〉・神道・キリスト教・友人葬・その他

〈お墓の確認〉 

また自分の家の墓地についても、どのような形態なのか確認しておきましょう。寺院墓地、公営、私営霊園、自治会管理墓地‥など。

思い出のお写真の中からお気に入りの表情の写真を探しておきましょう。

〈いざという時には良い写真は見つからないもの〉

葬儀の時には、祭壇に飾る写真が必要になります。本人希望のものや、ご家族の大好きな写真を用意しておきましょう。いざという時には、なかなかお良い写真が見つけられないものです。あらかじめ候補を何枚か探しておかれると良いでしょう。また、遺影写真は葬儀だけでなく、納骨までご遺骨と一緒に飾ったり法事の際にお寺さまに持っていくなど、後々まで残るものです。その方らしいお写真をお探しください。
最近は笑顔のお写真はもちろん、帽子をかぶったものや横を向いているものまで様々な写真を遺影に用います。どんな写真であれ、故人様の生前のイメージが最もでているものであれば大丈夫です。とくに決まり事などはありません。

死亡届の記入事項に亡くなられた方の本籍が必要となります。 

〈免許証には本籍は記載されていないことも〉 

人がお亡くなりになった場合、法律で定められた手続きとして死亡届と死亡診断書(死体検案書)を行政機関(役所など)に届け出るといったことがあります。その場合、お亡くなりになられた方の名前や住所の他に本籍地が必要になります。死亡届の提出は火葬許可証の申請手続きともなるため、ご逝去して2~3日ほどで提出することが多く見られます(期日は7日以内)。本籍が間違っていたりする場合には、葬儀後に役所へと出向き訂正手続きが必要になる場合があります。 

〈手続きは、当社スタッフがお手伝いさせていただきます〉 

死亡届の記入についてのアドバイスや代筆、役所への提出は、すがはら葬祭スタッフが何かと時間のないご遺族に代わって無料で代行サービスを行っております。どうぞご安心ください。

ご葬儀を行う場所を決める、もしくは候補をあげておくだけでも良いでしょう。 

〈ご本人やご家族の意思で決められます〉

葬儀をどこで行うかは、ご本人やご遺族の意思にて決定することができます。葬儀の規模や会葬者への利便性、葬儀の形式などを考慮して決めることが大切です。事前に葬儀社などへとご相談いただき、説明を受けておいた方が良いでしょう。

亡くなられた方のご安置場所を決めましょう。当社ではいつでもご遺体のお預りが可能です。

〈夜中でも搬送を余儀なくされることも‥〉

病院などで臨終を迎えた時に、まずご家族様に決めていただくことに、ご遺体の安置場所というのがあります。深夜の場合やあまりに突然で準備や安置場所がスムーズに決定できない場合に、病院によっては半日~一日間ほど病院の霊安室にてお預りいただけることもあります。しかし、場合によってはすぐに寝台車(お迎えの車輌)での遺体搬送を求められることもあります。葬儀の準備をする上で、どこに遺体を安置するかを決定しておくことはとても大切なことといえます。

〈マンションなどで自宅に安置することができない方へ〉

病院などからご遺体のお帰り先(安置場所)としてご自宅という選択肢がありますが、住宅事情の関係で自宅安置が困難な方もいらっしゃいます。そんな方には、ご遺体をお預りできる施設がありますのでどうぞご安心ください。当社では24時間対応でご遺体を指定霊安室にてお預りすることができます。ご遺体のお預りを希望される場合に、よりスマートな手順といたしまして、ご葬儀を行う場所(葬儀式場など)でお預りいただくことが最善と思われます。葬儀費用のご負担を少なくすることにも繋がります。病院→安置施設のある葬儀式場が手順的にも金銭的にも望ましいと思われます。

誰にも知らせないで葬儀をすると‥ 後からたくさんの方が自宅へ来ることも。

〈家族葬が本当に良いのか?よく考えて死亡通知をしましょう〉 

家族葬や密葬とは皆さまもお聞きになられたことがあるように、家族や親族の親しい方たちだけで送る葬儀が大変増えてきています。しかし、身内的には良いお葬式でも対外的なお付合いが多い方などは、後に大変なことになってしまう事もあるようです。後から訃報を聞いた知人・会社関係の方が連日自宅を訪ねて来たりと、葬儀後の様々な手続きに忙しいご家庭にはとても大変なこととなり、まったく落ち着いていられなかった、という声も聞かれます。時代の流れも大切ですが、そのお家にあった葬儀を行う事が一番大切といえるでしょう。 

送られる人‥ 送りゆく人‥。すべての方が満足してはじめて心温まるお葬式です。

〈後悔だけは絶対したくない方、きちんと相談しておくことが大切です〉 

「葬儀のことを事前に相談するのは縁起が悪い」というのは昔の話。現在ではTVや週刊誌などのマスコミでも、どんなお葬式で送ってあげたいのか、また送られたいのかなどきちんと相談し、見積りを取っておくよう報じられています。お葬式は、その方の人生最後のセレモニーです。送られゆく人とは、ご夫婦であったり、子供さんであったりとそれぞれ違いますが、皆さまと絆をもって人生を歩んでこられた事でしょう。その方らしい、そして温かみのあるお葬式を希望される方が増えています。家族みんなでどのようなお葬式にしたいのか、前もって相談しておく事も大切なことです。

  お葬式について考える

項目上をクリックしてください。

葬儀を行うことは、様々な面における役割を担っており、とても重要なことなのです。

〈「葬儀はいらない!」という方〉

葬儀社は近年「低価格化」「シンプル化」とマスコミなどでも報じられ、華美な装飾を避け少人数でなるべく費用を安くするという方が増えています。さらにはシンプル化が加速して「葬儀はいらない!」という方も実在しています。実は葬儀というものには上記のように人間の心に対してとても大切な役割を持つといわれております。葬儀は単なる儀式ではなく、様々な悲しみを乗り越えるための大切な役割があるのです。

葬儀を不要と考える方の多くが、葬儀そのものを否定しているのではなく、自分たちの考える、求める葬儀と現状の葬儀が異なっているため、結果、不要であると考えているように感じられます。葬儀とは文化慣習であるため、昔と今とで同じ形式に当てはめることは難しいのかも知れません。かと言って、葬儀は不要だ、ということでも決してありません。大切なのは形式ではなく、一人の社会に生きる人間の死をかけがえのない一人の命として尊重しともに惜しむ‥その気持ちがお葬式をするということであると言えるでしょう。

〈葬儀の役割(参考書籍:表現社「葬儀概論」より)〉

  • ■社会的役割
    • 社会にその人の死を通知する、死亡届の提出・戸籍の抹消など行政手続き
  • ■物理的役割
    • ご遺体はそのままでは損傷・腐敗してしまうため、火葬するという物理的処置を行います。お葬式における最も基本的な役割
  • ■文化・宗教的役割
    • 亡くなった人の御霊を「この世」から「あの世」に送り出す葬送の儀式、宗教的儀礼として葬儀の中心となることが多い。
  • ■心理的役割
    • 受け入れがたい死に直面した悲しみや心の痛みを葬儀の段階・場面を通して「別れ」として受け入れていく、遺された者の心のケア
  • ■社会心理的役割
    • バチがあたるなどの恐怖感を和らげるための儀礼が要請される
  • ■教育的役割
    • 葬儀に集まる人々は、その人の死を悼み「いのち」の大切さを体験し学ぶ

 
以上の役割は宗教の有無に関係なく存在し無宗教であってもこの役割を考えた葬儀であるべきといえます。

希望葬儀式場と火葬場の予約状況に合わせて司式を務める方のスケジュールを確認

〈日程は、葬儀式場・火葬場と宗教者のスケジュール次第〉

昔は臨終を迎えたその日もしくは翌日に通夜を行い、その翌日には葬儀をするというのが一般的でした。それは、葬儀式場となるのが自宅だったからできたことであり、最近では自宅で葬儀を出される方は殆どおらず、大体の方が葬儀専門の葬斎場、葬儀式場を利用して葬儀をされています。よって限られた数の葬斎場では混み合っている場合には数日待たざるを得ないことがあります。

〈お寺さまなどの司式者へは必ず確認!!〉 

葬儀式場の予約が取れたからといってその日程で確定ではありません。その日にお寺さまなどの宗教儀礼を行う方が来られなくてはなりません。日時設定の際にはまず、もしくはまだ変更可能な段階で司式者との確認が絶対に必要となります。

亡くなられた方へ最後にできること‥。きっと喜んでくれることを一つでもいい‥。

〈手作り(オリジナル)の葬儀のすすめ〉

最近では家族葬・密葬、葬儀をしないで火葬だけを行う方も増えてきています。葬儀がどんな形態であるかは故人の遺志や家族の都合により様々であってよいと思います。そんな葬儀にしたい?‥それは故人様との最後のお別れのときまでに、何か一つ、ご家族の方がその故人様に対して、きっと喜んでくれるであろうことをしてあげたら、それはとても素晴らしいことだと思います。そんな手作り感のあるお別れが個性(オリジナル性)にあふれ、心温まるご葬儀を作り上げるのだと思います。

思い出エピソード1 『娘から母への手紙』

故人様との最後の対面・お別れの前に長女の方から故人様へお手紙の披露がありました。最後に本当はもう少し前に言いたかった素直な気持ちをストレートにお伝えすることができたようでした。

思い出エピソード2 『思い出の酒』

日本酒が好きだった故人様にお気に入りの酒を備え、その晩に皆さまで飲まれたようです。

思い出エピソード3 『藤色の着物』

生前の趣味が踊りと着物だった故人様。最後は一番のお気に入りの藤色の着物を着てのお旅立ちとなりました。

思い出エピソード4 『月下美人』

故人様が一番好きだったお花。きれいな瓶に水中花として保存された月下美人の花を思い出コーナーにお飾りしました。

家族以外に訃報を伝え「お別れに来ていただきたい大切な方」はいらっしゃいませんか? 

〈最近よく聞く「家族葬」であっても‥〉 

最近増えている家族葬。家族・親族だけで葬儀を済ませ、他の方へはお手紙でご連絡といった形態がここのところ増えています。家族葬は大変人気が高く、本当に心温まる静かなお葬式が可能ですが、故人様と最後の対面・お別れをしたい友人、会社の同僚などもいるかも知れません。家族葬だからといってすべての方への訃報をストップするのではなく、故人の事を知らない義理で来てくれる方などへ訃報をストップし、大切な故人様の友人には是非ご連絡をし最後の時間を共に過ごしていただきたいと思います。 

〈家族葬の注意点〉

ご家族の方は静かなお葬式を終え、心を落ち着かせて葬儀後の諸手続きを‥と思うところですが、ある程度お付合いのある人になると、葬儀後に訃報を受けお線香をあげにご自宅に来るというケースがあります。場合によってはご家族が行動不能になることもあるようです。

葬儀式場を選ぶポイントは、参列者の人数と種類、式場施設の利便性、式場までのアクセスなど

〈葬儀式場のキャパシティ(収容人数)参列者数のバランス〉

葬儀には、家族葬からたくさんの方が会葬に来る葬儀もあり、また家族葬でも10人の場合や50人の場合もあります。式場を選ぶとき参列人数とその種類を考慮するのはとても大切です。例えば、参列者が多くてキャパシティ(収容人数)を超えてしまうと当然バタバタします。参列者が親族、会社関係、近所・町会など、どの関係が多いのかによりその方たちが集まり易い場所を選ぶ必要があります。

〈参列者が集まり易い場所であるか?〉

便利な火葬場併設の葬儀式場というのは、火葬する施設があるためやはり少し離れた場所にあることが多いようです。遠方の方や悪天候の時にも集まり易いのはやはり駅のすぐそばが理想とされます。しかし、近所町会の方が多い場合や会社の方が多い場合などは、駅近重視よりも地元や会社の近くを優先させることもあります。

葬儀について事前に考え、心の準備ができていても、手伝う葬儀社次第で随分違ってしまします。

〈成り行き任せの葬儀社の選定は極めて危険〉

葬儀の事を考え心の準備ができたとしても、葬儀社を決めておかないと「結局思った通りに行かない‥」ということが起き得ます。現在では実に多くの葬儀社が存在し、様々なオリジナルサービスを持っています。もちろん、価格やサービス内容も葬儀社によって異なります。事前に相談しておくことが大切です。

〈ひと昔前までは不謹慎だといわれた事前の葬儀支度〉

事前の葬儀支度をする上で最も重要なことが『葬儀社選び』となります。事前に安心できる葬儀社を見つけましょう。それが何よりお客様ご自身のためです。そして無駄な費用を抑えることでご負担も少なくなります。新聞広告や電話帳、インターネット、地元の葬儀社等からピックアップし、まずは電話をし、見積りを出してもらいましょう。また、葬儀費用は葬儀社への支払いだけでなく、公営式場の場合には式場利用料、飲食費など様々あります。全体の費用がいくらになるのか聞くようにしましょう。

  事前にチェック!お役立ち情報

項目上をクリックしてください。

◆遺影写真の選び方・ポイント

 

◆ご葬儀スケジュールと流れの確認

  • 事前相談→臨終→葬儀の準備→葬儀施工→葬儀後の手続き→納骨→年忌法要など 

 

◆棺の中に入れられないもの 副葬品について

  • お亡くなりになられた方が喜ぶお品をお棺にお納めしてあげましょう。

 

◆互助会の解約 支払った金額の返金

 

◆関東での平均葬儀費用 222万円

 

◆菩提寺のない方や遠方の方は

 

◆仏壇やお墓について

品質基準をクリアした正規特約店です。