病院以外で亡くなられた場合

 
病院以外でのご逝去の場合、突然死や変死の可能性があり、驚きと悲しみで冷静さを失わない方はまずいらっしゃいません。お気持ちやお悲しみはお察しいたすところですが、“冷静に落ち着くよう心掛ける”ことが大切です。驚きや悲しみで動揺しているところに、葬儀社の依頼を余儀なくされます。すぐに依頼するのではなく、必ず一呼吸おき、落ち着いた状態で、どの葬儀社に依頼するのか検討することをお勧めいたします。

 1.主治医または119番へご連絡を

ご自宅で病気療養中の方がお亡くなりになった場合には、主治医または119番へ連絡をします。突然死や変死の場合には、119番または、110番へ連絡をします。また、家族や近い親戚などへも連絡をします。

2.すがはら葬祭にご連絡を

□ 故人様のお名前 □ 病院名 □ ご希望の安置先 □ 電話番号 を伺います。
当社スタッフがお客様のご希望に合わせ、完全サポートさせて頂きます。
0120-61-0983     24時間365日 「もしも‥」の時に備えています。

葬儀を行うに際しての必需品  どうか心を落ち着かせてご用意ください。

●死亡診断書(死体検案書)

担当医師、もしくは監察医からお受け取りください。病院や自宅で亡くなり、医師の診断があった場合には「死亡診断書」となり、病院以外で亡くなり警察による検視があったばあいには、監察医より「死体検案書」となります。

 ●印鑑(認め印)

 火葬埋葬許可証を申請するにあたり、市役所へ死亡届と死亡診断書(死体検案書)を提出する際、届出人の認め印が必要となります。龍ケ崎市役所及び近隣の役所につきましては、印鑑をお預かりし当社で代行手続きを致します。

●お写真(遺影写真作成用)

通夜までに日数が空く場合にはそれほど急いで用意する必要はありませんが、通夜前日~2日前までにご用意頂きます。葬儀のみならず遺骨と共に飾るなど、後々まで残るものとなります。時間がある場合にはゆっくりとお選びください。

 

品質基準をクリアした正規特約店です。