死亡届を役所に提出

火葬許可証申請手続き


 死亡届について


 死亡届を役所に提出するのは、戸籍法といった法律により定められた手続きとなります。

死亡届とは、正式には死亡届書(しぼうとどけしょ)といい、人がお亡くなりになった時に役所(行政機関)へ提出する書類です。死亡届の提出は、戸籍法によって定められており、火葬をするための火葬許可証を発行してもらう手続きにもなります。発行された火葬許可証は火葬場へと提出し、火葬を終えた段階で埋葬許可証となり、お骨と一緒にご家族のもとに返ってきます。火葬や納骨をするためには、必ず許可証が必要となるため、紛失したりといった事がないよう大切に保管する必要があります。また、死亡届を役所に提出する際には、添付書類として死亡診断書もしくは死体検案書が必要となります。診断書や検案書は一般的に主治医や監察医から死亡原因の説明後に家族へと渡されます。

病院などで遺族が受け取る死亡診断書(死体検案書)は、A3用紙のサイズとなり、右半分が死亡診断書(死体検案書)、左半分が死亡届となります。右半分は医師や監察医が記入し、左半分はご家族が記入します。

【提出期限(受付時間)】

死亡届の提出は、死亡の事実を知った日から7日以内と定められています。死亡届を提出することで発行される「火葬許可証」がないと火葬が行えないため、実際には7日の猶予はなく早ければ死亡当日か翌日には提出することになります。そのため役所では、休日や夜間でも受け付けています。

※国外で死亡した場合は、その事実を知った日から3か月以内に提出

【手続きのできる場所】

・死亡した場所の役所  ・死亡者の本籍のある役所  ・届出人となる方の所在地の役所

【届出人になれる方】

親族、同居人、家主、地主、家屋管理人、後見人、保佐人、補助人、任意後見人

【届け出に必要なもの】

・記入された届書用紙  ・死亡診断書または死体検案書  ・届出人の印鑑(認め印可)

一般的に死亡届用紙と死亡診断書(死体検案書)は一枚の用紙になっています。

【必ずコピーをとりましょう】

死亡届用紙と死亡診断書(死体検案書)は一枚の用紙になっており、役所へ届け出た後は原本が手元に残りません。葬儀後の手続きの中で死亡診断書の提示を求められることがあり、その場合コピー(複写)にて手続きができるものが多く見られます。どうしても原本が必要な場合には、病院や監察医に依頼することで再度発行は可能(有料)です。

【火葬許可証】

役所に死亡届と死亡診断書(死体検案書)を提出し受理されますと「火葬許可証」が発行されます。火葬場で火葬を行うためには、この「火葬許可証」が必要となります。また、火葬のあとは「火葬許可証」が「埋葬許可証」としてご家族のもとへ受け渡されます。納骨の際に必ず必要となりますので大切に保管してください。多くの火葬場では、収骨時お骨壺を入れる桐製の箱に入れて渡されるのが一般的です。

品質基準をクリアした正規特約店です。